明治飼糧株式会社

会社概要

沿革

昭和26年11月(1951年)
明治飼糧株式会社を設立。乳牛用配合飼料の製造を開始。
昭和38年8月(1963年)
兵庫県加古川市に月産3,000トン能力の加古川工場を新設。
昭和39年4月(1964年)
国有特許を使用し、子牛用人工乳の製造・販売を開始。
昭和43年10月(1968年)
宮城県瀬峰町に月産5,000トン能力の瀬峰工場を新設。
昭和59年2月(1984年)
釧路飼料 (株) に出資し、北海道釧路市に月産5,000トン能力の工場を建設。
平成2年10月(1990年)
茨城県神栖町に月産8,000トン能力の鹿島工場を建設。
平成7年4月(1995年)
苫小牧市・北海道飼料 (株) に出資し、商品供給を開始。
平成7年11月(1995年)
21世紀への展望と明治乳業グループの飼料事業の強化のため、生産販売ー体の事業体を確立。
平成8年4月(1996年)
新たな経営理念を掲げ、生販一体の事業運営を開始。
平成9年10月(1997年)
栃木県南那須町に搾乳牛40頭の試験研究牧場を設立。
平成10年6月(1998年)
明治乳業 (株) より受精卵移植研究所 (茨城県茨城町) を譲り受ける。
平成14年4月(2002年)
北海道飼料 (株) の業務停止に伴い、子会社新北海道飼料(株)が資本を譲り受けて生産を開始。
平成16年10月(2004年)
受精卵移植研究所、試験研究牧場を閉鎖し、新たに哺育育成研究を目的に水戸研究牧場を設立。
平成19年7月(2007年)
栃木県真岡市にTMR飼料生産及び、粗飼料流通基地として真岡センターを新設。
平成21年9月(2009年)
仙台飼料(株)への生産移管完了に伴い、瀬峰工場を閉鎖。
平成23年2月(2011年)
本社所在地を墨田区緑から千代田区神田須田町へ移転。
平成23年11月(2011年)
創立60周年を迎える。
平成24年4月(2012年)
2014年を目標年度とした中期経営計画をスタート。
平成25年3月(2013年)
水戸研究所内に、中央分析センターを開設。
平成27年4月(2015年)
2017年を目標年度とした中期経営計画をスタート。酪農畜産のベストパートナー企業をより強く表現した企業理念・行動指針に刷新。
平成29年2月(2017年)
本社所在地を千代田区神田須田町から江東区新砂 へ移転。