明治飼糧株式会社

安全・環境

コンプライアンス

 近年、BSE問題・食品偽装事件などにより、食品への信頼が薄れていると同時に、社会からの信用を失った企業が崩壊しております。そうした中、社外に向けた適切適時な情報開示と、社内におけるコンプライアンス (法令遵守) の徹底が求められています。
 当社は、(株)明治及び明治グループ各社と歩調を合わせ、2002年度よりコンプライアンスの徹底強化に取り組むことになり、倫理規定の制定など (以下の取り組み) を行いました。

  • 明治飼糧倫理規程を制定いたしました。
  • コンプライアンス事務局を設置いたしました。
  • コンプライアンス相談窓口を設置いたしました。

改正労働安全衛生法及び
関係政省令の施行への対応について

 2016年06月の改正労働安全衛生法及び関係政省令の施行により、労働安全衛生法第57条第1項に基づき、譲渡又は提供の際に名称等の表示が義務付けられる対象物(以下「表示対象物」という)が、労働安全衛生法施行令別表第9に掲げる名称等を通知すべき危険物及び有害物(現行640物質)まで拡大されました。

 弊社製品で該当する表示対象物に関する「安全データシート(SDS)」については、以下のリンク先よりPDFファイルをダウンロードのうえご参照ください。