明治飼糧株式会社

安全・環境

安全と環境に対する
取り組み

安全への取り組み

安全への取り組み

 明治グループの一員として高品質な牛乳・牛肉の素となる養牛用飼料の製造を担っており、飼料安全法及びその他関連法令、並びにガイドラインに基づいた厳しい品質管理を行っています。主幹工場である鹿島工場では、2010年にISO14001、2014年には抗菌剤GMPの認証を取得しました。
 フードチェーンの一翼を担う飼料メーカーとして、消費者の皆様の安全で豊かな食生活に寄与できる製造管理、品質管理に熱意を持ってスピーディーに取り組んでおります。

安全への取り組み イメージ

安定供給への取り組み

 明治飼糧では配合飼料のほかに粗飼料や添加物の取り扱いも非常に充実しています。
 特に粗飼料に関しては、配合飼料メーカーでありながら北米・豪州に直接足を運び、現地買い付けにより、良質な粗飼料を安定して調達する独自ルートを確保しています。
 配合飼料に限らず、幅広い飼料の取り扱いは、お客様の豊かな牧場(まきば)づくりに向けてのトータル提案に欠かせないという企業理念の現れでもあります。また粗飼料の残留農薬・重金属などの自主検査も定期的に行っており、安全性の確認・確保のため慎重に取り組んでいます。

安定供給への取り組み イメージ

環境への取り組み

 現在、日本全国の事業系で発生する食品廃棄物量は年間約2000万t、なんと1人当たり150kgを超えており輸入量にほぼ相当する食料を捨てているのが現状です。
 本状況の下、当社は創業当時から、食品残渣を利用してエコフィード開発を積極的に促進してきました。
 その代表格である「もろみペレット」は2012年エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞。更に環境に貢献するため、社内一丸となり未利用資源の情報一元管理化など体制を強化し、特徴あるエコフィード開発に邁進中です。
 今後も「自然環境に気を配る」エコフィード開発にご期待下さい!!

環境への取り組み イメージ試験プラント

もろみペレット イメージもろみペレット

2012年12月13日「第9回エコプロダクツ大賞表彰式」 イメージ2012年12月13日
「第9回エコプロダクツ大賞表彰式」